スカルスパルタン



闇…一粒の光子すら存在しない絶対的な闇。
ここは古代ホネホネ帝国の地下神殿……



今、死霊魔道師が禁断の秘術を行おうとしていた。
あらゆる並行世界の戦士の墓をあばき
それらの骨パワーで最強の戦士を創りあげるのだ…


魔道師の乾いた声が呪文を唱える。

「ドクロノミコンの名のもとに我は求め訴えたり…カルシウム!スカルシウム!」

静寂を破り闇が咆哮する。
次元が裂け 脈打つ膨大なエネルギーが地下神殿を揺るがす。

死霊魔道師の骨体はその役目を終え崩壊する。
招魂された千姿万態の骨格は 軋み 悲鳴をあげ 一点に凝縮されてゆく。

そして顕現する異形の骨戦士………その名、スカルスパルタン。

宇宙最強の骨密度を備え、無限関節はグルコサミンにより滑らかに可動する。
必殺技は宇宙水爆頭突き。その威力は測定不能。

肩亡者の口はあらゆる並行世界の下ネタを囁き続け…

背中の眼から発射されるスケルトンビームは相手の服をスケスケにし 乳首その他を丸見えにしてしまう。

 

 

すんません全部ウソです先日私が考えました。
でも実際の設定もきっとこんな感じだと思います。知らんけど。

そんなわけでパッケージ制作のついでに
ちょっとした撮影上のテストも兼ねて撮った写真をお見せしております。

ちなみに画像のスカルは上半身だけ。腕に膝のパーツを使ってます。


あと上のドクロは大小とも昔に色塗ったガレージキット。今回の為に白色を塗り足しました。後で元に戻すんで水彩絵の具で。

骸骨は海洋堂のガチャ。肩甲骨が動くナイスな可動のやつ。眼窩の辺りをちょっといじってます。
これも色塗って飾ってたヤツに白色を塗り足して使いました。

動物の頭骨もガチャです。十二支動物頭骨根付。十二支のうち半分位しか持ってないけど。


胸部分。
胸顔、胸歯、中央メカ、背顔、背歯の
5パーツで構成されています。

胸とか背中とかは基本の組み方をした時のことで
実際はどっちが前とか決まってるわけじゃないです。
有形ブロックだからね。


膝小僧。小僧のクセに気色が悪い。
でも よく見ると何かカワイイ…いや、やっぱ気色いわ これ。

肩兄貴。顔と中のメカの2パーツ構成。
もちろん肩以外に使ってもよし。イイ顔してるなー。


 他にもいろんなパーツがあるのですが 面倒なのでまたウソを書きます。

 

幼生期のスカルスパルタンは 野菜が好きなおとなしい生物だ。

だが放射能Xのパワーでどんどん巨大化し、風見タクシーを襲いだした。
マスターボックスの警官の銃撃もまったく歯が立たない。


 とうとう人類最後の砦、名古屋城までもが大ピンチに。
 地球防衛軍の兵士も司令官もスケルトンビームで乳首や股間が透け透けで戦えない。人類はどうなってしまうのか。


そこにアッセンブルボーグ・ネクサスが登場。
「地球の公序良俗を乱すヤツは許さないっ!」

「お前もスケスケになってしまえ。スケルトンビーム!」


バカめ!私は元々スケスケだ!
つか服なんか着てないぞ!
大体スケルトンてのは元来
骨格とか骨組みのことで
透けてるという意味ではない!
昔に何かそーゆーのが流行って
言葉の意味が変わっていったのだ!
スケルトンの「スケ」と日本語の「透け」が
同音なのも原因のひとつなのだろう!
だが言葉という物は生きている!
時代と共に変化してゆくのも
止む無しというコトか!


てな事を言いながら彼はスカルスパルタンのリボ球を
次々に引っこ抜き、地球を救ったのだった。

「こいつもある意味、哀れな犠牲者だったのかもしれない…」とか適当にそれっぽいコトを言って終わり。

(2020.1)



地球が無事でよかった。そんなわけでスカルスパルタンは2020年の2月だか3月だかに発売です。

ちゃんとした情報はwebで