フィギュア

林浩己 フィギュア


●林浩己氏のフィギュア

林さん原型のフィギュアはエロくてイイなあ。けっこう昔から作ってました。


●レッズ 1/6女子高生 吉田優恵
 ソフトビニール製キット

最初に買ったのがこれ。
この頃は林さんの名前も知らなかったし
商品に原型師の名前も記されてなかったと思う。
箱側面の完成写真を見て
「ああ、このラインは俺の好きな感じだ」と思って購入。

上記の商品名で検索すれば
画像が出てくると思いますがパッケージがもう。
レジに持ってくのが恥ずかしかったよ。

色は塗らずにサーフェイサーのまま飾ってました。
色々あって、今はこんな姿になってますが。
太腿から切断して前髪も削っている。
何をやろうとしたのかは不明。


1/6というのは1/35と比べるとこんなです。


1/6吉田優恵


●同じく1/6吉田優恵。横乳がイイ感じです。

当時としては頑張って色を塗ったのだがマネキン人形みたいになってるなあ。
しかしこの右手は何を捧げているのか。

この頃は水性アクリル塗料を使っていました。


●さらに同じく1/6吉田優恵。

スカートが軟質ソフビ製でスカートまくりし放題が売りのフィギュアだが
そんな事言われても。

いつかちゃんと色を塗ろうと思って
サーフェイサー状態で箱に入れっぱなしでしたが
数か月前にパンツと靴だけ塗って、下半身をパソコンの横に飾ってます。

上記2点より膝回りが骨太でリアルな感じがイイです。
変形防止に中に石膏を入れてます。


レッズ 1/6 岸田麻里

●レッズ 1/6 岸田麻里

一回色を塗ったけどやっぱりマネキンになってしまったので
上からサーフェイサーで塗りつぶし。
本来は両手に脱いだ靴を持っています。

飾っといたらタバコのヤニで黄色くなってしまったので
写真はグレースケールにしてます。


●商品名不明 1/6

上記までの物はソフビでしたが、この辺からキャストに。
この頃に林氏の名前を認識したと思いますが。

色塗りは最初から諦めてサーフェイサーのままです。
タバコのヤニで以下略。


●アトリエ イット 1/6 WJ-607


タバコのヤニで以下略だったので数か月前にサーフェイサーで塗りつぶしました。
目玉にしか色塗ってないので以下の写真もグレースケールです。

なんかね、このべたーとした座りっぷりが気に入ってます。床との接触部も平面になってるし。

林浩己フィギュア


これ位のスケールのリアルフィギュアだと
ライティングで色々遊べます。


●1/6 WF-002

以下略でグレースケール画像。いい乳をしてます。

林浩己フィギュア


このキットは顔がお面みたいに別パーツになってて
目と口は穴が開いています。
眼球と舌のパーツに色を塗って裏から取り付けましょう、て事だ。
で、目のパーツの代わりにドールアイを入れてみました。
もっと濃い色のほうがよかったかな。


 

 


 ●まっつく(MK2.)氏のフィギュア  ハセガワ JKメイト02「カーディガン」1/12

この人のフィギュアも前から興味があったのだが作るのは初めてだ。
前に売ってた「濡れ濡れ女子高生」とか、ちょっと作るのが難しそうだったし。


戦車の錆止め色のサーフェイサーが余ってたので使用。
上半身はその上にライトサンド。

ライトサンドさえあれば大概の物は塗れると思って
私は生きています。

フィギュア塗装


ラッカー塗料で色塗り。
面倒だけど肌とカーディガンはエアブラシで。

筆塗りの時は「ペリット ホビーパレット」という塗料皿を使ってます。
ポリ製で、乾いた塗料が「ぺりっ」と剥がせるのが売りなのだが
全然「ぺりっ」とさせずに使ってるので
最近は「使い捨て塗料皿セット・3個×8シート」も使ってます。
こちらも全然使い捨てていませんが。

これ、すごくイイんだけど
1個に切り離すと軽くなりすぎて安定感がなくなるのが弱点です。

ハセガワ JKメイト


この人のフィギュアの顔は味があるなあ。
美人じゃないけど、何かちょっと可愛いというリアルさと微エロ。
あと顔面の肉の厚みがイイ感じにデフォルメされてて色が塗りやすいです。
まぶたとか唇とか。

このフィギュアもいい膝してます。

ハセガワJKメイト


眉毛、ちょっとやり直さないと。
あと目にクリアー塗りすぎたかな。
 
とりあえず、今はここまで。

 


●天使もえ 1/20 PLAMAX NakedAngel


女の子の体を3Dスキャンして作ったという夢のプラモデル。
我々人類はドラえもんが生まれた未来に一歩ずつ近づいているのだと実感できる一品です。

こんな感じで2体入っててお買い得。
成型色は肌色っぽい色パーツの合いは良好です。
プラの質が硬めなので細かい彫り込みがちょっと難儀かな。
でも柔らかいプラだったら
俺は今頃 彼女の指の2.3本は折ってしまっている。

※硬くて加工できない、てわけではなく
プラの柔らかさ(弾性?)を利用した彫りや削りがしにくい、て事です。

あと色を塗りやすくするために黒目の部分が凹んでいます。
れはこれでありなんだけど、私はパテで埋めました。
平面(正確には球面か)に直すのに手間がかかってしまったけど。
どっちがいいんだろうなあ。
黒目の凹んでない顔パーツも付けてくれってのは贅沢かなあ。


あと、何故か
恥骨の後方に外性器が輪郭すら無く、左右の尻たぶが直接つながってて何か変。

手を加えようかどうしようか迷ってたら模型の神の声が聞こえてきた。
「you、おめこ 盛っちゃいなよ!」


そんなわけで、おめこ盛りました。
適当だけど無いよりましだ。どうせ ほとんど見えないし。


前のと同じくチョコ色のサーフェイサー。
でもこの色、あまり生物的な造形の物には向いてないのかも。
凸凹とか見づらい。やっぱり戦車用なのかなー。

天使もえ 塗装


腕を付けると色が塗れなくなる所があるので
先に色塗ってから腕を取り付け。
継ぎ目をヤスって、また色を塗らなくちゃ。
こういうのって他の人はどうしてるんだろう。

頭に刺さってる金属線が痛そうで悪い気もするが、しょうがない。持つとこないし。

とりあえず、今ここ。
(2019.1.29)


天使もえ1/20

そんなわけで出来上がり。
デジカメのホワイトバランスがちょっと変で申し訳ない。

天使もえ PLAMAX

口角のとこにキュっと凹みができるのがこの子の特徴なんだけど
彫り込むには前述のようにプラが硬いので失敗する可能性が大。なのでそこは塗装で。
あと髪の毛パーツの隙間はやっぱり埋めた方がいいか。

理屈で言えばこれはスケールモデルなのだから元の人物に似てれば成功、という事なんだが
こうして2体並べて顔が違ってる段階でもうダメか。形状は同じはずだから塗装の問題だ。でもこれで精一杯だ。

天使もえ1/20


言っとくけど20分の1って結構小さいんだよ。


そんなわけで大変良いプラモデルであったと。次は巨乳でお願いしますと。
でも巨乳だと乳の回り込みがあるので金型の抜きの問題が生じるか。

そうか。だからこの子なのか。可愛いとか人気があるとかに加えて微乳なのが必須条件だったか。
テクノロジーの限界が乳を選ぶ。ドラえもんの未来はまだ先だ。


とりあえず俺は
このプラモデルの尻に関しては一切何の文句もないです。
終わり。
(2019.2.8)

 


●戸田真琴 1/20 PLAMAX NakedAngel


いや、店でこの状態で売ってたんだよ。
箱、捨てちゃったんでこの写真しかないんだ。

そんなわけで3Dスキャンプラモの第2弾です。夢はまだ終わらない。


いきなり完成。
途中経過の画像をフォルダごと消去してしまったもんで。
でも大体 前のと同じ感じで作ってます。


今回は頭部をはずした状態で塗装しました。。
頭をふたつ並べて作業したので 前よりは同一人物になっているかと思いますがどうかなあ。

で、後から頭部を取り付けたので首に継ぎ目があります。
修正するのが面倒なので そのままですが。

あとは本人に似てるかどうかだけど、なんか違うなあ。今の俺の技術で1/20となると もうこれ以上は望めない。
このシリーズ、1/12スケールくらいで出してくれんかな。ダメかな。


今回のは前回よりも込み入ったポーズなので
組み立てとか色塗りがちょっとややこしかったです。
右腕の下の方とかエアブラシが上手く届かなくて塗り残しがあるけど このアングルで見えてないからイイや。


恥骨のとこにポコッと膨らみがあって
もしかしたら陰毛の輪郭かなと。
仮にそうだとしたら どう塗ったものか。

ボカした感じにほわっと塗るのか
一本一本細かく塗るのか。

どっちにしろ上手くいかない感じがするので無塗装で。
この様に体毛問題は常に我々を悩ませる。

それはそれとして
この腹部の微妙な曲面いいなあ。


今回も尻に関しては一切何の文句もないです。

尻たぶの下方に赤みを入れると ちょっとエロい感じになるよ。



せっかく4人もいるのだからハレム風の写真を一枚。

ロボットはバンダイの30MMの改造。
イスはアッセンブルボーグ基地用に作ったやつです。

(2019.12)