タミヤのフィギュア 1/35 その2

1/35 SCALE MILITARY MINIATURES

 ●ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット (MM No.357)

タミヤ ドイツ突撃工兵チーム ゴリアテセット

そんなわけでゴリアテセット。
2018年3月ごろ製作。

操縦装置を鉄人28号のリモコンに改造してます。
これで大抵のメカは操縦可能だ。

指揮官。
双眼鏡のレンズはクリアー塗料の点付けで表現できるかと思いましたが
全然上手くいってません。そのうちに何とかします。

兵士Aの顔はちょっと男前。
プライベートライアンに出てた
狙撃兵っぽくしたかったのですが
私の塗装の技術ではこの辺止まりです。

兵士B。
前傾姿勢でものすごく操縦に集中してる感じ。
ゴリアテの操縦の難易度ってどんなもんなんだろう。タミヤの昔のリモコン戦車よりは難しいのかな、やっぱ。

リモコンのアンテナは
伸ばしランナーの先を熱して丸めた物。
ちゃんとした球には なってないけど
リモコンの面がゆがんでたり、アンテナの付け根にヒビが入っている事に比べれば大した問題ではありません。

ブリキロボはプラ板とかで製作。

大きさはこんなもんです。

模型の大きさを示す画像で
よくエナメルの瓶を横に置いてるけど
ウチにはエナメル塗料がないので
大きさがピンとこなくて。

で、空き瓶を買ってきたのですが
こうして写真に撮ると見栄えが良くないな。
空き瓶じゃなくて適当な色のを買えばよかったなあ。

まあ、そんな事よりせっかく鉄人のリモコンにしたのだから
鉄人を動かさなくては。肉眼で見えてしまう程の強力な電波で

鉄人28号は先日ようやっと引き出しの奥から発見したリボのやつ。
グーの手があったはずだが行方不明。

鉄人28号

巨号計画の実戦テスト第一弾。
相手はフランス軽戦車R35。払い腰と雑な合成で軽くどーん!

その上にイタリア戦車をがーん!
突進してくるイギリス戦車を足でずーん!

そこへマチルダがドッカーン!だけど負けずにドドドーン!

鉄人28号

「やったな、正太郎くん!」
「博士、私は正太郎君ではないです」
「いいんだ、私だって敷島博士じゃない」

こんな事するから
俺のプラモは細かいとこが壊れてくるんだよな。

それにしてもリボの鉄人はイイなあ。特に首周りの可動とか。

それはそれとして
鉄人は日本陸軍参謀本部直属の特科兵装砲兵工廠が
帝国大学工学部重機械科と共同で開発…と
とある本に載ってたけど、これって正しいのかな。

てゆーかこの鉄人、高さが約12cmなので1/35のプラモと絡ませると全高4.2mって事になる。ちょっと小さいよな。
でも原作漫画の鉄人も最初はなんか小さくて
大きくなった後もサイズはけっこう適当だったと思う。
昔に読んだっきりなんでよく覚えてないけど。


4.2mでも対人兵器としては十二分に威圧感があるけど
対戦車て事になるとやっぱ8m位は欲しいかなー。


あとさ、鉄人28号といえば「AKIRA」なんだけど
「AKIRAってのはあのでっかい黒い球が鉄人で、その操縦機であるアキラという少年を敵と味方が奪い合う漫画なんだ」
てのを人から聞いて「あー、なるほど言われてみれば」て思った。もう十数年前の話ですが。

タミヤ 日本陸軍将校セット

ところで
このフィギュアはタミヤの1/35日本陸軍将校セット。
2014年末に製作。

久しぶりに出してみたら
つや消し吹きすぎてて表面がカッサカサで。
なんか3Dプリンターの石膏粉末で出力したヤツみたいになってる。
もしくは落雁(らくがん)だ。

機会があれば塗り直したいと思いますが
今は思っているだけです。

なんか鉄人よりこっちのロボットの方が似合うな。
刀がロボットの操縦桿だ。
て事はこのおっさんはシンケンジャーか。
志葉家当主の15代目あたり。レッドだから赤く塗るか。
いや、またシャアになっちまうのでやめとこう。

肝心のゴリアテがこの状態だという事に関しては
誠に遺憾に思っております。そのうちに何とか。

そんなわけで最後にドイツ軍人の進化の過程を。

左から
ドイツ軍人、ベルリンタール人、
ジャーマンピテクス、ドイツ原人です。

人形の向きを間違えてるな。
普通こーゆー図は左から右へ進化して行くんだけど
まあいいや。終わり。

(2020.7)