バンダイのスターウォーズ-02

 ●ミレニアム・ファルコン  Millennium Falcon

ミレニアムファルコンは好きだけど、さすがにあのでっかいプラモデルを買って色を塗るほど好きってわけじゃない。
のでビークルモデルの小っさいヤツです。色分けはデカールではなく塗装でやりました。
箱に付いてる「デカールここに貼りましょう画像」が小さくて困ってたら
バンダイのサイトからデカい画像がダウンロードできるようになってて助かりました。

写真はピントをズラして撮影した画像を3枚ほど合成しています。

ミレニアム・ファルコン


この大きさなのに、この密度。すごいね。

ミレニアム・ファルコン

1円玉と0.5mmのシャーペンの芯を乗せてみました。
塗りが雑なのがバレバレですが それはそれとして。

 ●X-ウイング X-WING StarFighter 1/72

 X-ウイングです。説明は不要。 ちょっと汚しを入れすぎて全体的にグレーっぽくなってしまいましたが。


こんな風にメカ壁を後ろに置いて

X-ウイング

壁を移動させながらスローシャッターで撮影すると
イイ感じに飛んでいきます。
合成じゃないのでフチもきれいだ。

X-ウイング バンダイ


よおーし、カッコいいぞっ!

X-WING BANDAI


まあ仕事机の上なんで余り奥行きはないけれど。

あと面倒なのでスタンドをCGで消してません。


そんなわけで小っさい方のビークルモデルならもっと奥行きが出るかと。
X-ウイングは買ってないんでY-ウイングだけど。

60cmほどメカ板を並べたけど、奥行きはこんなもんです。
下に厚紙が敷いてあるので全部いっぺんに引っ張れます。

 

Y-ウイング

しかし思ってた以上に糸って くっきり映るなあ。
そもそも黒色なのが間違ってたか。

Y-ウイング


この「溝くぐり一発撮り」は
スターウルフの最終回でやってたヤツです。
確認はしてないけど たぶんこんな撮り方だと思います。
あっちは直射日光でもっと奥行きがありますが
自分でも一度やってみたくて。

スターウルフって何だ?て人も多いでしょうが
大昔の特撮TVドラマです。
ググるも良し ググらんでも良しだ。

あと今 気が付いたけどコクピットの上の砲塔が無いぞ。
どこ行ったんだろう。